スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
桜んぼ
太宰治はすごいなぁ

こんな発想もこんな言葉も全然私の中になかった
だけど、その言葉にぶち当たると、
確かにそれは自分の中にある感情で、
はっと自己の内部を照らし出される

彼が遺作にする覚悟で書いた処女作品集「晩年」
これは本当に本当に素晴らしい
パラパラとページを繰るだけで
珠玉の言葉に出会い胸がつまる

「人間失格」とか「斜陽」とか
代表作として挙げられるけど、
「晩年」を読むべき 本当

短い物語の一つ一つに
太宰治の生活の全てが
注がれ、込められている

一文一文が、
身を削って絞り出された言葉で
注意深く書かれている

彼は本当に偉大な作家なのだと思った
今の時代には存在しないほどの巨匠なのだと理解した

先日は坂口安吾に感動した
坂口安吾、すごく好きだと思った

でも太宰はもっとすごいと思った
好みはどうであれ、彼は天才だ
スポンサーサイト
【2011/09/15 00:05 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<水曜 | ホーム | いただきますの話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ugetsustory.blog122.fc2.com/tb.php/565-2cfd6912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。