FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
願いを叶える少年
「あなたの願いを叶えます(要相談)」
ある小屋の前に、こんな立て看板が出ていた。
いかにも胡散臭い、そう思いながら男は入口をくぐる。

「おい、お前が願いを叶えてくれるのか。」
「ようこそ。ご相談に乗りますよ。」
小屋の主人は小柄な少年だった。
少年は、したり顔で微笑む。

こんな子供に俺の願いなんて叶えられまい、
男はからかうように言った。
「おい。俺はたくさんの美女に囲まれて暮らしたい。
とびっきりの美女と
葡萄酒を酌み交わしながら、
何不自由ない暮らしをな。」

少年は呆れたように笑う。
「ははっ。それは無理だ。」
あまりの潔さに、男は面喰らう。
「おい、願いを叶えてくれるんじゃないのか?」
「ごめんなさい。
でも言ったはずだ、相談にのると。」
「どういうことだ?」
「おじさん、こんな話を聞いて。」

少年はうっとりと話し始めた。

「昔ね、隣に住んでたおじいさんが、僕に突然こんなこと言ったんだ。
『私をタイタンにつれて行ってほしい』と。
聞けば、彼は若くして兄弟を亡くしたらしい。
その兄弟が、亡くなる時に彼にこう言ったんだって。
『タイタンで待つ』って。
おじいさんは、その言葉を忘れられずに生きてきたらしい。

だけど、だんだん身体が弱ってきて、
自分の死期を悟るようになって、
ふと、タイタンにはどうやったら行けるのだろう?
って考えるようになったって。

それでこんな小さな僕に言うんだ。
『願いを叶えてくれるか?私をタイタンへつれて行ってほしい』
当然僕にはそんなこと出来ないし、
彼の兄弟が本当にタイタンにいるのかさえわからない。
もちろん彼も、そんなことわかってた。
だけど言うんだ。
『お願いだ。お前に叶えられるんだ。』って。
僕には彼の意図がわかったよ。
だから僕は、彼が亡くなったら、必ずタイタンへつれて行くって約束したんだ。
…今頃は、タイタンで兄弟と暮らしてるだろうね。」


男はにやりと笑う。
「…そうか。そういうことか。」

少年はあらためて聞く。
「さあ。おじさんの願いは?」

男は優しく言った。
「そうだな。
地球の裏側にいるまだ見ぬ恋人に、
愛してると伝えてくれ。」

少年はうれしそうに笑う。
「かしこまりました。」
スポンサーサイト
【2009/03/14 00:25 】 | 創作 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<superhero | ホーム | 昼を謳う詩人>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ugetsustory.blog122.fc2.com/tb.php/390-f8b698c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。