FC2ブログ
clearly
いくえみ綾「潔く柔く」最新巻を買った。
最終章突入の巻。

これまでこの漫画は、主人公を変えながら、オムニバスにも似たかたちで展開されてきた。
ただその登場人物達は、他の話の登場人物と友達だったり親戚だったりと、どこかで繋がりがあった。

その中にも二本の主軸があり、毎回のストーリーはこのどちらかと関わり合っていて、
この二本が混ざり合うことはなかった。


今までの全てが集約され、結実したような最終章。
ここではついにその二本の軸が混ざり合う。
登場人物それぞれの物語を知っている分、物語も非常に濃密。
今まで何気なくさらさらと描かれていたこと、
全て計算ずくだったのか?とすら思わせる完成度。


漫画賞受賞はこの章あってこそだね。
今回10巻刊行で、いくえみ作品としては多分最長の連載。
それがこの最終章によって、ただの冗長で雑多なものではなく、
すごく意味のある濃いものになった。

傑作。
スポンサーサイト



【2009/07/29 00:26 】 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |