スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
あなた
あなた、仕合わせは外から?
さようなら、坊ちゃん。
もっと悪人におなり。

--太宰治「猿面冠者」の一節

これ、好きです。
フレーズの響きとか。もちろん内容も。
特に「あなた、仕合わせは外から?」が好き。

仕合わせは、外から?

降り懸かる白墨の毎日を
俯せの決意で漕ぎ渡ろう
スポンサーサイト
【2008/10/23 06:06 】 | | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ラムファード
すこしでも読書にその気があったら、
何も言わずに
カートヴォネガットの
「タイタンの妖女」を読んでみて欲しい

少なくとも私は、
こんなにのめりこんで読んだ本は
ひさしぶり


読み始めは
「うわぁ…SFだなぁ…こんなSF小説初めて読むなぁ…」
と、ちょっとヒき気味だった

でもSFではあるけど、本質はそこには無いような気がする
人生って何?人類って?宇宙って?
そういう途方も無い疑問を抱いてしまう人に、
やさしくこの世界のかたちを見せてくれるような、
わりと衝撃的な本

そんなに分量は多くないのに、
この頁数にこれだけの世界がつまっているなんて!
って、感激しちゃったよ



読書の秋に いかがでしょう?
【2008/10/16 22:13 】 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。