FC2ブログ
nowhere
人が死ぬ度、その人のこの世からの喪失を思う度、思い知る

人は、死ぬのだと


人の生は、細胞分裂の営みに過ぎない
高度に進化した人間の知能がそこに
多大なる意味を乗せてきた

生まれて死ぬまでの刹那を
たったそれだけを
私たちはなぜか
もがきながら足掻きながら
精一杯「生きる」

そんなはずはないのではないかと思うときがある
私たちが今いるここは、
いくつかある世界のうちの一つで、
生まれる前は別の場所にいた
死んだ後もまた別の場所に行く
そうなのかもしれない、と

そしてそれは私の願望

誰もが生まれてこの方、
たった一人の「自分」と向かい合ってきた

自分自身を愛していようと、
自分自身を大嫌いになろうと、
「自分」へのそこはかとない愛着は誰もが持っているはずだ

それが失われるなんて、誰だって考えたくないんじゃないか
少なくとも私はそうだ

そんなことばかり考えていると、
自分がどこでもない場所にたった一人ぽつんといるような、
悲しく深く暗く遠い気持ちになる
スポンサーサイト



【2011/12/18 23:36 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
立川談志
立川談志の訃報を新聞で読み、
思わず
え…
と声をあげた。

闘病中とは報じられていたし、
「その時」がいつか来るのはわかっていた。
だけどあくまでもそれは
「いつか」だった。
未来の出来事だった。

訃報を読み最初に思ったこと。
…あぁもういないのか、
…どうしよう、さびしい。

訃報を聞いた時だけさびしがりやがって、
談志さんのことなんてよく知らないくせに、
普段談志さんのことなんて考えないくせに、
と思うかもしれない

違う、そこにその人が生きて存在しているというだけで安心するような、
そんな人って、いる。
【2011/11/27 14:23 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
スパイス
今回の曲は前回に比べてインパクトに欠けるかな、
なんて思っていたperfume新曲「スパイス」

PV見たら印象が全然変わった
この虚ろな空気感、
何か失ったような
抜けた気だるさ
すごく素敵

そんな曲自体の印象を変えてしまうようなPV

すごい

perfumeの表情もいい
扉から覗くかしゆかの顔好き

【2011/11/06 22:16 】 | 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
紡ぎかけた物語
この世界観で何かを書き続けようとしたら、
頭おかしくなってしまいそうで書き続けられなくなっちゃった
特に当てもない物語だったので、まぁいいかな
―――――――――――――――――――――――――

目に見えるものは全て手が届くと思っていた。
比喩ではない。事実を述べているのだ。
片目を瞑る、手を伸ばす。
…ほら掴めた。


水に絵を描こうと思った。
水面に落とした絵の具は、ちららつららりと、水中に絵を描いた。
しかし、水は流動している。描いた絵もすぐに消えた。
水底に落ちて絵の具は、花を咲かせた。


秋の空高く、広いキャンバスに、乾いた刷毛で描いたような雲が映える。
平日の昼下がり、公園には若い母子が目立つ。そのほとんどが銀杏並木に目を細めながら、ようやく涼しくなった秋の日を楽しんでいた。
麟太郎は銀杏並木の下で、銀杏の葉を拾い集めていた。一枚一枚丁寧に重ねながら、銀杏の扇を作っていた。
いくら拾っても、地面を覆う銀杏は尽きない。麟太郎の扇は大きくなる一途である。
ふいに風が吹いた。
公園の銀杏の葉は舞い上がると、大人の背丈ぐらいのところで動きを止めた。
麟太郎は半身になって身構える。

「突撃!」
そう言わんばかりの勢いで、舞い上がった銀杏の葉たちが麟太郎めがけて飛んできた。
少し厚みのある葉の勢いは、効果音をつけるならば「ずばばばば」といったところか。
麟太郎は手でそれを防ぐこともせず、ただ目を閉じて立ち尽くし、その攻勢に耐えた。そして猛攻の中薄く片目を開けて、銀杏の群れのその先を見晴らそうとした。

すると、金色の襲来の遥か向こう側に、人影が見えた。
人影は口元に笑みを浮かべながら、こっちへゆっくりと近づいてくる。

麟太郎はおもむろに右手を伸ばし、迫り来る銀杏から一枚を掴み、それを人影に重ね合わせた。ちょうど人影の首から下に、ワンピースのように銀杏の三角形が重なったところで、麟太郎は手を離す。
そのまま人影は、銀杏のワンピースを纏ってこっちへ向かって来る。

ようやく顔が見えた。由夏だ。

由夏の顔を判別すると同時に、銀杏の攻撃も止んだ。麟太郎はゆっくりと両目を開く。
「由夏」というその少女に与えられた符号を、昔の麟太郎は理解できなかった。「由夏」という字面は麟太郎には、夏の季語だとしか思われなかったのだ。
そのため、今でも麟太郎は、由夏のことをつい「ユカ」と片仮名で認識する。
「由夏」と「ユカ」では圧倒的に違うのだと理解しながらも、それはもはや癖だった。

「麟太郎。銀杏の扇だね。」
銀杏のワンピースをひらひらさせながら、由夏が軽やかに話す。大きな栗色の瞳が、興味深そうに麟太郎に向けられる。
【2011/10/19 21:16 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ぼんやりーぬ
最近の私のぼんやり生きてる感はやばい

頻繁にメールする相手なのに、送信欄に表示された名前を見て、疎遠になった別の人と間違える
昨日のことを、今日のことを、靄の向こう側のように感じたりする
「つらいこと」がないくらい、漠然と生きてる

これを「地に足ついてない」とでも呼ぼうか
こんな自分不安だ、と思ってたら、
高校卒業したときの日記にも「地に足ついてない」って書いてあった

そうか、日記をつけていてよかった

思い出したときに、ひどいと年に一回しか書かなかったりする日記
でも大事だね
自分の感情の記憶ってやつはここにしか残ってないからね
【2011/10/19 21:02 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ